« 2017年09月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月 アーカイブ

2017年10月04日

2017.9.3 福岡県クラブAリーグ vsあすなろクラブ

湿気はありましたが、曇りでちょうどよい天候の中、行われました第2戦。
昨年も苦渋をなめさせられた相手です。しかし、とうしろうは今回もメンバー不足…。
しかし、いるメンバーで戦うしかない。当日のその時までメンバー考え抜かれました。

1,佐藤あきら
2,古閑
3,黒木
4,山田
5,西村
6,勝木
7,梅林
8、森田
9、山下翔
10,川波
11,衛藤
12,保坂
13,鶴
14,山下達
15,金子昌
16,麻生
17,榎本
18,濱田
19,浜西
20,川角
21,砥綿
22,佐藤栄

スタッフ
金子パパ、井島、藤田、金森

応援
ジュニファミリー、北川さん(ビデオ撮影ありがとうございました!)

でした。
もはや控え全員FW。
これは、厳しい戦い。しかし、1対1での気迫だけは負けないように。
アップから声を上げていきました。

2017100421243700.jpg

前半からいい集中力でした。
キックオフから相手がまだ波に乗らないうちに、FW中心にプレッシャーをかけ続け、相手キックにチャージをかけた(誰だった??)ところから一気に猛攻!最後はラインに残っていた龍からタツへとボールが渡り、中央に先制トライ!!これは、タイミング的にも良いトライでした。

このままもう一本欲しいところ。いつもこの辺で粘れないとうしろう。
しかしこの日は違った!
みんな初めからがつがつと気合の乗った良いコンタクト!(特にちゃか。)
昌太のハイパンからの相手カウンターを、ちゃかが体を張ってタックル。プレッシャーから相手パスボールのミスを突いて、ヒロケスがキャッチしてハーフウェイ付近からの独走!!
中央にトライ。かっこよかったね!

立て続けの形で2本先取。いい流れ。
鶴も、ここだよここだよ、とみんなに必死に警鐘を鳴らしていました。
ここで粘り、さらに1本欲しいところ…でした。、

しかし、攻め急ぎすぎたせいか、せっかくの敵陣攻撃中に痛恨のペナルティ。
相手キッカーの伸びる正確なキックで一気に陣地をとられ、ラインアウトから立て続けにインサイドを大きくゲインされると、あっという間に相手バックス陣への展開でトライを返されてしまいます。

ここで勢いに乗ってきた相手に、真っ向勝負したいところですが、凡ミスやペナルティが重なるとうしろう。ここでも一気に陣地を失い、展開されてトライを奪われてしまいます。

ここからは、流れを変えることができず、個々のディフェンスよく頑張っていましたが、前半最後の最後で自陣のパスをインターセプトされてしまい、、もったいないトライを奪われて前半終了。

しかし、チームの士気は上々。各々で修正点を話し合い、
後半やるぞ!
あの雰囲気良かったですね。

2017100421243701.jpg

この流れで後半へ。
最初10分くらいは、明らかに相手も凡ミスが続きリズムが崩れており、たたみかけれるチャンスでしたが、ここでほしい1本がなかなか奪えず…。
ついに許したのは相手のトライでした。これは、本当に痛かった。

このあたりから、うちのFWが明らかに減速。キャリアーの孤立状態が目立つようになってきます。
チャンスも多々あるんですが…いつももうちょっとでペナルティ…。。
なんととうしろう後半11のペナルティ(''Д'')

相手はいいキッカーでしたし、何度もチャンスの勢いを自らへし折ってしまいました。
FW相当きつかったに違いない。
良くがんばった試合ではありましたが、攻撃にも変化がつけれなかったとうしろうは攻めあぐね、悔しいですが、今回も敗戦、ということになってしまいました。

前半 14-26
後半 5-17

19-43

でした。

あきらが言ってました。
「悪い試合ではなかったけど、いいところもなかった」
その通りの試合内容であったと思います。

攻め方などは普段の練習の成果も大いに絡んでくる部分です。これも今期のとうしろうが招いた結果であると思います。受け止めて、次節に切り替えしていきましょう!

でも、見てても迫力ある良い試合でした。
ちゃかなんて、しじゅうさんとは思えないダッシュ力…。タックル。間違いなくMVP。
前の試合では後半いなくなった広太も、終始頑張って攻守ともに貢献していました。

ミツルとあきらのモールの先導は本当にうまいですね。これからもチームの核であってほしい。
タツもミラクルタッチキック出ましたね(笑)。慣れないウイングお疲れさまでした。

翔兵も最後の最後までポイントに喰らいついて、良いボールさばいてました。必要な男です。
ノブもヒザ万全じゃない中、スタンドの重責最後まで果たしてくれました。
鶴も、キャップ不在のなか、よくチーム引っ張ってくれてました。


まずはメンバーの参加。
初歩的ですが…それからです。
あとの2試合は福岡で行われます。
ぜひ皆さんスケジュール調整してください。勝ちに行きましょう。

2017年10月15日

2017.10.15 福岡県クラブAリーグ vsシザースクラブ

雨が降り続く一日。足元最悪なところ…鞘ヶ谷サブグラウンドにて試合行われました。
相手は、トップの時代からなかなか勝たせてもらえないシザースクラブ。
絶対に負けられない戦い。皆で雨の中奮起しました。

1,佐藤あきら
2,麻生
3,黒木
4,西村
5,梅林
6,森田
7,浅野
8,鶴
9,川波
10,田上
11,衛藤
12,松野尾
13,篠原
14,甲斐
15,金子昌
16,浜西
17,山田
18,川角
19,砥綿
20,荒武

スタッフ
金子パパ、星山、藤田

今回も厳しいメンバー構成でしたが、やるしかない。
そう奮起して向かったのですが…
前半2分、自陣ゴール前マイボールラインアウトを相手にカットされると、そのまま押し込まれ、いきなりのトライを許します。痛い失点。
この悪い流れを長いこと引っ張られ、タヌーやシノの良いタックルでひっくり返したボールを運び込み、たびたびのチャンスで敵陣深く攻め込むも、まとまりに欠け、トライに結びつかず。イージーミスやペナルティで一気に押し戻される展開のまま前半が終了。

惜しい!
ハーフタイムで、みんなでそのことを共有。あと一歩出ようということで後半に望みます。

ここからは、双方失点を許さない我慢比べが続きました。
松野尾やウメ、あきらが起点となり、たびたび敵陣へ深く攻め込むも、とうしろうは相変わらずミスや寄りの遅さによってターンオーバー。
相手ボール自陣でも、バックス陣の堅いディフェンスで必死に食らいつきます。

しかし、後半20分くらいにモールで押し込まれ相手にトライを許し、均衡が崩れると、ここから徐々に流れが一方的に。終盤でトライを奪うシーンもありましたが、逆転につながる時間帯ではなく…
7-31で敗戦。
残念な敗戦となりました。

相手の方がラグビーが上手かったような。そして、下のボールの争い一つとっても、ひたむきさにおいて欠けている点が随所に見られました。

今回は、スクラム、ラインアウトとも絶望的に厳しかった。これも敗戦の一因ですね。
メンバー確保をすることと、そして、練習ですね。練習しかない。

攻め方とか、守り方とかのチーム共有が全くできていない状態。
個々は本当に良いプレイヤーばかりなのに、もったいない!と思うばかりです。
日々の練習の中で、全員で共有して試合に臨む必要があることをあらためて痛感させられました。

再来週はいよいよ最終戦です。
負けられない戦い。
会場、時間が変更になっています。

旧)雁ノ巣Dグラウンド 13:00から

新)新門司(天然芝) 14:00から

笑っても泣いても最後ですね。
絶対に勝ちに行きましょう。

About 2017年10月

2017年10月にブログ「Toshiro Blog2」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年09月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.35