« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月 アーカイブ

2013年11月04日

2013.11.3とうしろう練習vol.34

小雨がぱらつく肌寒い一日でした。練習参加の皆さんお疲れ様でした。
参加メンバーは、やっさん、啓介、古賀マサ、昌太、ヒロケス、トラ でした。

練習メニューは、タッチフット、タッチフット、3対3(近場の寄り)でした。
3対3では、先日までの試合の反省点として、フィットネス云々ではなく、ポイントに寄る意識が薄いことを振り返り、寄りとポイントに入るか入らないかの見極めを的確に行う練習を行いました。
1時間近くかけて、結構ガチでやりました。
だんだんポイント際の動きに精度が増し、強くなるにはこういう練習をどんどんやったほうがいい、とメンバーと共有したところです。
どんどん練習に出ましょう。こうした情報を現場でやりとりし、チーム全体の動きを統一させる必要があります。

さあ、いよいよ来週は、これまで共に歩んできた盟友、帆柱クラブとの対戦です。
馴れ合いはありません。
必ず勝ちをもぎ取りにいきましょう。
正念場です。
とうしろうの全力を結集してチャレンジしましょう。

やるんダ!勝つんダ!楽しむんダ!

2013年11月10日

2013.11.10九州トップクラブリーグ第四節:vs帆柱クラブ

試合開始直前に強い雨が降りだし、イージーミスの多発が予想されるなか、絶対に負けられない戦いがキックオフ。

出場メンバーは、
1.黒木 2.林 3.榎本 4.山田(啓) 5.森田 6.佐藤 7.山下(達) 8.田中 9.衛藤 10.金子(昌) 11.金子(晋) 12.古賀 13.吉田(慎) 14.西野 15.保坂 16.山田(大) 17.佐々木 18.浜西 19.稲葉 20.砥綿

ヒロケスをはじめ、慣れないポジションに入ってしまわざるを得ないメンバーもおり、ベストで望めなかったことが残念でしたが、このメンバーで勝つしかない。全員で気合を入れてグラウンドへ。

前半20分、完全に眠っていた相手チーム。ペナルティも多発しており、完全に流れはウチでした。しかし再三の大チャンスを得るも、ボール際の集中力、下のボールへの反応が薄いとうしろうはテンポを保つことができず、イージーミスで相手ボールに。
まるで甲南クラブ戦の再現のようでした。

取れそうで取れない嫌なムードが漂う中、ついに相手に先制トライを許してしまうと、そこからようやく目を覚ました相手チームが攻守共に奮戦しはじめ、均衡したせめぎ合いに。
前半終了時点で5-10のビハインド。

後半は、両チームとも我慢の時間が続き、均衡を破ったのは帆柱クラブ。とうしろうもターンオーバーからススム→ユージと独走トライを奪うも、じりじりと離され、最終スコアは12-29で敗戦。

傍から見ていても、佐藤、ユージをはじめ、一対一ではむしろウチのディフェンスの方が勝っていたシーンの方が多かった。
ただ、例えば、ターンオーバーや落球で相手ボールにされたときや、3次攻撃くらいのディフェンスでの整備の遅れ、など、「反応の遅さ」が顕著で、この一瞬できるウチのすき間に、相手の嗅覚のいい選手がトップで走り込んで来て、大穴を開けられる→そのままトライ…という形で、ポンポンと取られるシーンばかりが目立ったように思います。

通常のフェーズでは、みんな体を張ったいいタックルで止めているだけに、これはあまりにももったいない失点。士気も下がろうというものです。
「緊急時」と「チャンス時」に、ボールに対する集中力がMAXになるチーム作りができれば、とうしろうはもっと上に行けるのでは?と感じた試合でした。

20131110_135306%281%29.jpg
この寒い中、スタッフで駆けつけてくれた良子さん、金子パパ、☆さん、ユージ彼女、ジュニ妻、そのほかの皆さん、本当にありがとうございました。

また、ヒデが行きがけの車内で「いつもタッチフットではいかんのでは?」と話を投げかけてくれました。
チームを変えるには練習ありきです。新入、古参、中堅、全く関係ありません。
近くにいる人に、自分の考える練習メニューなどを、含むところなくどんどん吐き出して欲しいです。
次週も練習をはさみます。そこも含みおいてもらい、たくさんのメンバーで盛り上がりましょう!
もう、泣いても笑っても、次節が最後です。意地見せましょう。

やるんダ!勝つんダ!楽しむんダ!

2013年11月17日

2013.11.17とうしろう練習vol.35

肌寒さがいっそう強まる中、練習参加の皆さんお疲れ様でした。

参加メンバーは、T-OWATA、ちゃか、やっさん、啓介、古賀マサ、だーふじ(途中参加)、ヒデ、リュウ、タツヤ でした。

…ん?あと一人いたような…
暑苦しいのが…(笑)

練習メニューは、タッチフット、ラックゲーム、ホールドタッチ、ミーティングでした。

20131117_111906%281%29.jpg

ラックゲームはけっこう長めに行い、体を当てながらポイントへの寄りの感覚、声のかけ方を確認しました。
ミーティングの話の中で、ディフェンスの穴を突破されるもったいないシーンは、コミュニケーションの不足も大いにあるということ。声を出し合って効率よく動かなければ、結局無駄が増え、疲れるのは自分たち自身だ。という話がありました。

次週は泣いても笑っても、今シーズン最後の試合です。
全力突破!全力タックル!!
とうしろうの全てをかけましょう。

やるんダ!勝つんダ!楽しむんダ!

2013年11月28日

2013.11.24九州トップクラブリーグ第五節:vs川南クラブ

最終節となったトップクラブリーグ。宮崎の雄、川南クラブをホームに迎えての一戦でした。
相手は強い。しかし、これまでのとうしろうの集大成を見せるべく、意を決してグラウンドへ。

1.黒木 2.林 3.榎本 4.山田啓 5.森田 6.渡辺 7.山下 8.吉田 9.川波 10.平野 11.金子晋 12.古賀 13.保坂 14.西野 15.金子昌 16.山田大 17.浜西 18.佐藤 19.稲葉 20.衛藤 21.古城

最初のトライを奪ったのはとうしろうクラブ。前半6分でした。キックも成功し、一気にたたみかけたいところでしたが、直後にうちのミスもあり、逆に立て続けに2本のトライを許してしまう。

それからは、とうしろうの猛攻を加えるも、どうしてもあと一歩が続かず、大事なところでペナルティーやターンオーバーを許してしまい、相手プレーヤーへのタックルミスから大穴を開けられ、トライを量産されてしまう展開が続く。試合結果は7-72で完敗となりました。

終了後のアフターミーティングで、今年の勝ちに対する情熱の希薄さ、そして、チームとしてどういう動きを目指すのか、という意志統一をしてこないまま来てしまったこと、などが敗因としてあげられました。

厳しいシーズンでしたね。
この悔しい結果を次に活かさない手はありません。

どんなシーズンにするのか。
どんなチームを目指すのか。

など、来シーズンに向け、皆の考えを寄せ合い、ディスカッションしましょう。
そして、どんな練習を積んでいくのかを決めていきましょう。

まずは選手の皆さん、今シーズン本当にお疲れ様でした。
スタッフとして参加してくれたファミリーのみなさん、マネージャーハマちゃん、ユージ彼女、そのほかみなさんにも、応援していただき感謝申し上げます。ありがとうございました。


さあ、納会はいつだ!?

それはそれで、大いに楽しみましょう!語り合いましょう。
共に戦ってきた仲間と労をねぎらい、来季の絆をさらに太いものにしましょう。
コミュニケーションもチーム力です。

2013年シーズン、閉幕です。
本当にお疲れ様でした。

2013年11月30日

ジャパンラグビートップリーグ補助inレベスタ

リーグ戦終了し、ちょっと一息、というタイミングではありますが、レベスタでのトップリーグの補助に、イジマエリちゃん、二日酔いノブ、新人山田、濃い雄一郎、肋骨負傷中の昌太が参加しています。ご苦労さまです。
日本ラグビーの頂点のリーグ。間近で見るチャンスはなかなかありません。5人には、練習でその報告を聞かせてもらいましょう!
6714_1_IMG_2073.jpg.jpg

About 2013年11月

2013年11月にブログ「Toshiro Blog2」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.35